発見したら早急に|蜂駆除は相談で解決しよう

ホウ酸団子の注意点

駆除

ホウ酸団子が効く期間

自分で出来るゴキブリ対策として、「ホウ酸団子」の設置があります。ホウ酸団子に含まれるホウ酸には、ゴキブリを脱水症状にさせる効果があるので、ホウ酸団子を食べさせる事で、駆除の効果が期待出来るのです。市販のもので簡単に作れるという点も、ホウ酸団子のメリットですただ、小麦粉や砂糖などの食品で作る、そしてホウ酸の効き目にも期限があるという事もあり、ずっと放置しないようにしましょう。ホウ酸団子の効き目が持続する期間は、約3ヶ月から6か月程度と言われています。これ以上設置したままだと、ただのゴキブリのエサとなってしまい、全く対策ができません。特に夏場は腐りやすいので、こまめに取り換えるなどの工夫を行いましょう。

設置には注意が必要

ホウ酸団子は昔からゴキブリ対策として、用いられてきた方法です。ホウ酸団子を設置するだけの簡単な対策法というメリットがあるホウ酸団子ですが、小さなお子さんやペットがいるご家庭は設置に対して、特に注意する必要があります。間違ってホウ酸団子を食べてしまうと、副作用を起こしてしまう危険性があるのです。ホウ酸は比較的安全性の高いものと言われていますが、誤飲してしまうと吐き気や頭痛、腎障害などの副作用を起こす場合があるようです。また、死亡した例も報告されている事から、間違ってホウ酸団子を食べてしまう危険性のある、お子さんやペットがいるご家庭は、絶対に手が届かない場所に置くなどの工夫を行いましょう。また、蓋つきの容器に入れるといった、一工夫もおすすめです。