発見したら早急に|蜂駆除は相談で解決しよう

シロアリ被害を予防したい

作業員

床下の湿気を撃退する

床下換気扇は床下の空気を強制的に排出し、新しい空気を入れるために付けるものです。床下にはもともと空気を通すための穴がついていますが、強制的に換気をするために床下換気扇が必要になる理由は、床下の湿気を防ぐためです。床下は湿気が溜まりやすいのですが、そのまま空気の入れ替えを行わないと、シロアリの絶好の住みかとなってしまいます。シロアリは木材をエサにしますし、じめじめとしたところを好む傾向にあるからです。そこで設置したいのが床下換気扇です。床下換気扇を利用すると自然と床下に風の流れができるようになりますし、湿度の高い空気を排出して乾いた空気を送り込むことができますので、シロアリの嫌いな環境になってシロアリの発生を防いでくれるのです。

薬剤の散布も行っておく

シロアリの被害を食い止めるために床下換気扇をつけるときには、費用が心配になってしまうものです。既にシロアリの被害を受けている時にはシロアリの駆除も行いますので、費用が高額になってしまうことがあります。まだシロアリが発生していない場合でも、予防的に柱などの木材に薬剤を撒くなどの対処を行うと、床下換気扇との相乗効果でシロアリの発生を防ぐことができます。これらの効果を期待する時には、床下換気扇をどこに付けるのかが問題となります。床下の空気が流れればそれでいいというわけではなく、基本的には北側から空気を排出し、南側から日光に当たって乾いた空気を取りいれるように取りつけるのが良いといわれています。その点も見積もりの時などにしっかりと業者に確認しておくと良いでしょう。